トップページ » 事務用品
事務用品

コロコロ軽い~ドットライナースティック~

コクヨのテープのりと言えば【ドットライナー】ですが、使い方に合わせた様々な形がある中で、一番気に入っているのが【ドットライナー スティック】です。

というか、テープのりの中で一番好きで常に買い置きを持っているくらい。
現在、引き出しの中には使いかけが1本、未開封が2本。

他のドットライナーシリーズに比べて店頭に並んでいることが少ないため、買い置きをしています。

73

見た目はスティックのり。
キャップを外して使います。色はピンクとブルー。
(テープは透明)
3本入りパッケージのみ、ピンク、ブルー、グリーンが入っています。
残念ながら使い捨てです。

74

特徴はこの三角ヘッドが180度回転すること。
ただ、物凄くこればっかり愛用しているからこそ言えるんですが、180度の回転がどう機能しているのか、実はよく分かりません。カーブに沿って貼ってみても、ヘッドが回転しているようには見えないのです。

同じように丸く切った紙に他のテープのりを貼ってみて何が違うのか見比べてみたところ。

他のテープのりでもカーブに沿うように貼ることは出来ました。
ただ、のりがシワになったりカーブの内側が折り重なっていたり、テープを貼った後のフィルムがヘッドの片方に寄ってしまって危うく絡まりそうになったりしていました。

ドットライナーも部分的に欠けている所があったものの均一に貼れており、何より一番の差はスルスルとヘッドが滑り手ごたえが軽いこと。
本当に貼れてる?と疑うくらい軽く滑っていきます。


そう。この軽い使い心地が愛用している理由なのです。
軽くコロコロとヘッドが転がり、均一で薄いのり。

さらに貼って約1分以内なら貼り直しが可能。6時間後にはしっかりと接着。

封筒の口止めには適しませんと明記されている通り、新聞や雑誌のスクラップ、学校のプリントをノートに貼るなどの作業に適しています。
蓋がカッチリと締まるので、ペンケースの中に入れておいてうっかりヘッドカバーが開くこともないし、筒状だから持ちやすいし出し入れもしやすい。

コンパクトで、キレイに貼りたいから貼り直せることが前提でのりを使いたい時、テープのりのダマが気になる人におススメです。



【ドットライナー スティック】
コクヨ株式会社
価格:¥200(税別)
品番:タ-D900-06(色番)
カラー:青(B)、ピンク(P)
サイズ:H86×W23×D23
テープ容量:6mm×8m
※使い捨て
(コクヨ HPより)




人気ブログランキングへ


kisagiankisagian  at 22:01 この記事をクリップ! 

キレる相棒~万能M厚型~

私にとってはなくてはならない愛用品。

オルファのカッター【万能M厚型】

51

「折る刃」のオルファ、カッターと言えばのオルファ。
文具店よりホームセンターの工具コーナーに行くとあらゆる種類が揃っています。

M厚型はオルファ製品の中で中型刃に属するカッター。
一般的に事務用品としてよく見られるS型、いわゆる「普通のやつ」と、作業用の大型カッターであるL型の中間にある、S型のコンパクトさとL型のザクザク切れる力強さのいいとこ取りをしたようなカッターです。
刃の向きを変えれば右利き、左利き、どちらにも対応します。

52

左がS型、右がM厚型。
S型の刃が厚み0.38mmに対し、M厚型は0.45mm。
刃の幅も違います。段ボール紙のような厚手の紙を切る時、S型だと刃が進まなくなったりペコペコとしなってしまいますが、M厚型はザクザクと進んでいきます。

53

刃はもちろん専用。パッケージにデカデカと書いてあるので間違う心配はありません。
ただ、一般的な事務用・家庭用のS型や作業工具として需要のあるL型に比べると、店頭に並んでいる確率は低いかも知れません。


刃は剥き出しで入っているので交換の際は要注意です。

以前、M厚型を買いたいけど「カッターの刃ってどうやって交換するの?」と聞かれたことがあります。
私は普段からコピー用紙でも段ボール箱でもこのカッターを使っていたので、すぐ手元にあったM厚型を出し、クリップを外そうとしました。
ただ、その時はなぜかクリップがやけに硬く引っかかるような感じで、バチンと抜けたと思ったら反動で刃が跳ね、手のひらの親指付け根のぷよぷよした所がザックーΣ(゚д゚;)

業務が始まって30分も経っていない朝っぱらから、カウンターが流血騒動となりました。

クリップには刃を折るための溝がありますが、オルファのホームページを見ると、『正しい使い方』として「古くなった刃先はペンチ等で折るのが安全です。」と明記されています。
急いでいる時にはクリップが便利ですが、刃が飛ぶ可能性もあります。

一番いいのは専用の刃折り器を使うことですが、そこにお金をかけるのは勿体ないという場合はペンチでしっかり挟んで折るか、折りたい部分の1ピッチ分だけを出してクリップでゆっくりと折るかしてください。

そういえば、私は小学校の図工の時間にも小刀で手のひらをザクーっとやっちゃった事がありました。あの木の持ち手とキャップの付いた懐かしい小刀。あれは今でも授業で使われているのでしょうか。

刃物の取り扱いには細心の注意を払いましょう。



【万能M厚型】
オルファ株式会社
価格:オープン価格(¥500以内くらい)
品番:203BS(色番)
カラー:ブルー(B)、ピンク(P)
   イエロー(Y)
サイズ:H138×W17×D14(mm)
   (自己計測)

(オルファ HPより)




人気ブログランキングへ

kisagiankisagian  at 22:19 この記事をクリップ! 

ペンはペンでも~アクアピット強力ペンタイプ~

ペンケースは小振りでスッキリさせるか、
大容量タイプの四次元ポケット化するか。

シャープペン、油性ボールペン、ゲルインクボールペン、消しゴム、定規、ハサミ、カッター、修正テープ、のり、マーカー…と入れておきたいものはいろいろです。
でも、全部を入れると嵩張ってゴチャゴチャするし重くなる。
そんな時は、それぞれのアイテムをコンパクト化するのが一番です。

ボールペンなら多色ペンにして、リフィルで油性ボールペンもゲルインクもよく使うカラーも1本~2本にまとめる。字を小さく書くから狭い範囲でしか消しゴムを使わないという人ならスティックタイプの消しゴムもいいですよね。ハサミも今はマスカラよりコンパクトになっています。修正テープやのりも、使い捨てタイプにすれば消しゴムくらいの大きさのものがあります。


そこで、のりをコンパクトするならこんなものが。

71

一見すると水色のボールペン。

【アクアピット強力ペンタイプ】

字を書くように線で塗る、ボールペンのりです。
極細ペンなので塗り幅はわずか1mm。
クラフトパンチで抜いた切り抜きやラインストーンなどの小さなものを貼る時にはみ出さず、強力なのにサラサラとしていて手についてもベタベタがほとんど気になりません。

72


ペン先はボールペンそのものなので、ゆっくり引くのがコツ。紙に貼りつけるものはボタン、金属、セロファンなど異なった素材もOK。
メッセージカード作りやフォトブックの作成に細かい飾りで装飾したい時におススメです。



【アクアピット強力ペンタイプ】
株式会社トンボ鉛筆
価格:¥180(税別)
品番:PT-WP
サイズ:H154×W15(mm)
塗り幅:約1mm
内容量:0.9g(使い切り)

(トンボ総合カタログ より)




人気ブログランキングへ

kisagiankisagian  at 22:37 この記事をクリップ! 

THE 定番~消えいろPIT~

のりと言えばのPITシリーズ。


67

トンボ鉛筆創立100周年記念で限定発売されたカラー。
のり、MONO消しゴムが限定品として販売されました。
(現在は販売終了)

68

限定品は「消えいろPIT」タイプ。
塗ったところがわかり、乾くと色が消えるという今では当たり前の便利な機能です。色がついているから塗ったところに気づきやすく、うっかり触って手が汚れるということもありません。
この爽やかな色味は消えるまでの時間を考えながら試作を繰り返し、かなりこだわって作られたものだとか。

69

塗ると青色。
狭いところを塗るのに角を使っていたのでスティックがデコボコになっていて、ダマだらけ。

70

乾くと透明。
塗った時はかなりの色の濃さなので、貼り合わせた時にも青色が透けて見えるくらいだから心配になりますが、ちゃんと乾いたら透明に。

私は少し厚手の紙の貼り合わせによく使います。
薄い紙同士の貼り合わせだと、のりを引いている時に用紙を手で押さえてたら紙がビリっと…。


スティックのりは出し過ぎると折れたり崩れたりしやすくなります。
目安は新品を開封した時に、最初から出ているくらいがベスト。
これくらい出して使うようにしてくださいね、というトンボ鉛筆からの視覚的な説明書です。

液体のりに比べシワになりにくく、テープのりと比べて一度で広範囲に濡れます。ただし、液体のりに比べ接着力が弱く、テープのりのように狭いポイントに少しだけという塗り方が難しいという難点も。

液体、スティック、テープ、それぞれにメリットとデメリットがあるので、必要に応じて使い分けるのがベストなようです。

消えいろピットシリーズは各種サイズがあります。



【消えいろピットXS】
株式会社トンボ鉛筆
価格:¥100(税別)
品番:PT-XSC
サイズ:H71×W17×のり径13(mm)
内容量:5g

【消えいろピットS】(細塗り)
価格:¥120(税別)
品番:PT-TC
サイズ:H87×W20×のり径16(mm)
内容量:10g

【消えいろピットN】(中塗り)
価格:¥230(税別)
品番:PT-NC
サイズ:H100×W25×のり径20(mm)
内容量:22g

【消えいろピットG】(太塗り)
価格:¥350(税別)
品番:PT-GC
サイズ:H115×W31×のり径26(mm)
内容量40g

【消えいろピットほそみ】(スリムタイプ)
価格:¥150(税別)
品番:PT-PC
サイズ:H126×W20×のり径7.5(mm)
内容量:2.2g

【ほそみ詰め替え用】
価格:¥150(税別)
品番:PR-PC2P
内容量:2.2g(1本)

(トンボ総合カタログ より)





人気ブログランキングへ

kisagiankisagian  at 22:11 この記事をクリップ! 

するするピタ~ピタットルーラー~

なかなか定規を使う機会というのはないんですが。

学生時代にあれば良かったなというもの。


【ピタットルーラー】

2014年にグッドデザイン賞、2015年に日本文具大賞を受賞した定規。
プロダクトブランド『モチモノ』の製品です。

その名の通り、紙面の上をするする滑り、使いたいところで押さえるとピタッと止まり動かない定規。

75


76

透明で線が引きやすいアクリル定規と、カッターナイフが使えるアルミ定規がこれ1本でOK。
アルミ定規のほうは端がゼロメモリになっています。

77

アクリル定規とアルミ定規を繋ぐオレンジの部分が滑り止め。
切れ込みが入っていて押さえない時は紙面から浮いています。

78

使いたいところで滑り止めを上から押さえると、切れ込み部分が広がり浮いていた部分が紙面に密着するので滑りません。


定規にしては価格はちょっとお高めに感じるかも知れません。
いつも線を引くと定規がズレて失敗してイライラしませんか?
アクリル定規でカッターも使っているからうっかり切ってしまって定規がささくれ状態になっていませんか?
カッターで削ってしまった定規で線を引いてガタガタになっていませんか?
ペンケースに線引き用とカッター用で2本も定規を入れたら嵩張りませんか?


手にしたら、とりあえずピタッと止めてみたくなること間違いなしです。



【15cm】
プラムネット株式会社
価格:¥600(税別)
品番:4580416640015
サイズ:H160×W26×D6(mm)

【30cm】
価格:¥1,200(税別)
品番:4580416640022
サイズ:H310×W26×D6(mm)

参考サイト:ブランドWebサイト「モチモノ」
http://mochi-mono.com/

(プラムネット HPより)




人気ブログランキングへ

kisagiankisagian  at 22:31 この記事をクリップ!